帰化申請(日本人への帰化)

帰化とは

日本への帰化とは、外国人からの日本国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して、国家がその外国人に対して日本国籍を与えることです。つまり、「外国人が日本人になる」ということです。

帰化許可と永住許可の違い

帰化のほかに、永住許可というものもあります。申請の要件としては似た部分も多いですが、根本的な概念が全く違います。

永住許可

外国人が日本に永住するための在留資格(いわゆるビザ)を取得すること

帰化

外国人が現在の国籍を捨てて日本国籍を取得し、今後日本人として生きていくための許可を取得すること

 

帰化の要件

日本に帰化するための条件として、国籍法では次のような条件の定めがあります。日本の国籍法は、帰化に対して自由裁量主義をとっているので、これら全てを満たせば必ず帰化が許可されるというものではないことに注意が必要です。

  • 住所条件
  • 能力条件
  • 素行条件
  • 生計条件
  • 喪失条件
  • 思想条件

その他、国籍法で定められているものではありませんが、以下の条件もあります。

  • 日本語条件

 

簡易帰化について

ある一定の条件を満たしている外国人の場合、帰化条件が緩和されるケースがあります。特別永住者の方や、日本人と結婚している外国人は簡易帰化になります。なお、5年の住所条件が免除されるケースであっても、帰化申請の前提条件として、現在日本に住所を有する必要があることに変わりはありません。

 

大帰化とは

日本に特別の功労のある外国人については、一般の帰化条件によらず、国会の承認を得てっかすることができるとされています。これを大帰化といいますが、現在までに大帰化により日本に帰化した例はありません。

 

 

帰化申請手続きの流れ

申請者

帰化申請は、次の者が自分で申請書類を提出する必要があります。

・本人

・本人が15歳未満のものであるときは、その法定代理人

 

申請先

申請書類の提出先は、申請者の住所を管轄する法務局です。家族の一部の方が他の法務局の管轄地域に居住している場合は、主たる家族とともに申請することも、別で申請することもできます。

 

 

帰化申請の流れ

  • ご依頼
  • 法務局への事前相談
  • 添付書類の収集・申請書類作成
  • 報酬お支払い
  • 法務局に申請受付(本人による申請が必須)
  • 法務局で面談
  • 審査
  • 結果通知

申請受付から許可(又は不許可)の結果が出るまでの期間(5~8)は、申請者によって異なりますが、特別永住者で7~10か月、特別永住者以外で1年程度のことが多いです。

お問い合わせはこちら

 

ページ上部へ戻る