行政書士とは

行政書士とは

行政書士とは  

行政書士という言葉は聞いたことがあっても、「行政書士って何する人?」「司法書士とは違うの?」といったように、実際には何をしているのかよくわからないという方が多いのではないでしょうか。それでは、行政書士についてわかりやすく解説していきましょう。

行政書士ってどんな人?

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受けて報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続き代理等を行います。

引用:日本行政書士会連合 https://www.gyosei.or.jp/information/introduction/

 

行政書士の主な業務内容

「官公署に提出する書類」の作成・代理・相談業務

新しく事業を開始するには許可や認可(許認可)が必要な場合があります。許認可には様々な種類があり、その数はなんと1万種類を超えるともいわれています。許認可の書類は、一見簡単に見えても実際には複雑で、必要書類を揃えるのに大変な手間と時間がかかる場合もあります。また、何度も役所に足を運ばなければならなことも多く、事業の準備と並行して手続きを行うのは大変な作業です。

行政書士は、お客様が安心して事業に専念できるよう、書類作成から提出までを代理で行います。行政書士に依頼することで、事業がスムーズに開始できます。

「権利義務に関する書類」の作成・代理・相談業務

「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。「権利義務に関する書類」には、遺言書、遺産分割協議書、各種契約書、内容証明、定款などがあります。

なお、行政書士の業務は、これらのうち、法的紛争段階にある事案や、税務・登記申請業務に関するものは除きます。行政書士は、権利義務に関する事項を書面で残すことで将来の紛争を未然に防ぐ、予防法務の専門家です。

「事実証明に関する書類」の作成・代理・相談業務

「事実証明に関する書類」とは、議事録や会計帳簿、財務諸表など、事実を証明する書類です。これらの書類は内容が複雑で作成に時間もかかるため、書類作成のスペシャリストである行政書士がお手伝いいたします。

 

行政書士ってどんなときに役に立つの?

行政書士は、次のようなときにお客様をサポートします。

  • 会社を作りたいとき…法人の設立手続き(株式会社、NPO、一般社団法人など)
  • 事業を始めたいとき…飲食店営業許可、民泊許可、建設業許可、ドローン飛行許可、古物商許可の申請手続きなど
  • 日本国籍を取得したいとき…帰化申請手続き
  • 外国人を雇いたいとき…在留資格(就労ビザ)申請手続き
  • 将来について考えるとき…遺言書の作成、任意後見契約など
  • 農地を活用したいとき…農地転用許可手続きなど
  • 障害福祉サービス事業の指定を受けたいとき…障害福祉サービス事業指定申請手続き

 

行政書士と司法書士との違いは?

行政書士とよく混同されるのが、司法書士です。

行政書士と司法書士の違いを簡単に説明すると、行政書士は「行政(官公署)」に提出する書類の作成・代理を行い、司法書士は「司法(裁判所、検察庁)」に提出する書類や「登記(法務局)」に関する書類の作成・代理を行います。基本的には行政書士と司法書士では書類の提出先が違うのです。

しかし、そうは言ったものの実際には業務範囲が一部重なっているため、同じ業務を専門としている場合もあります。例えば、会社設立や相続を専門とする行政書士と司法書士、どちらも存在します。どこのホームページを見ても似たようなことが書いてあり、正直どちらに依頼すればよいかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時には、会社設立後に許認可が必要かどうか、相続に紛争性はあるか(行政書士は紛争性がある場合は依頼をお受けできません)など、目的や状況を考慮して依頼先を決めましょう。許認可は行政書士の専門業務ですので、会社設立後に許認可が必要な場合は、行政書士に依頼するとスムーズです。

当事務所の考える行政書士とは

  • 新しいビジネスを始めたい。
  • 将来のことを考えて任意後見契約を結びたい。
  • 遺言書を作りたい。

行政書士は、そんな人生の新しいステップをサポートする仕事だと考えています。

当事務所は、単に書類を作成するだけでなく、新しいことを始めるときの楽しさやワクワクを共有できるパートナーでありたいと思っています。

 

  • やりたいことは決まっているけれど誰に何を頼めばいいかわからない方
  • 会社を設立したいけれど信頼できる人が見つからないという方

 

ぜひ一度ご相談ください。

当事務所ではお客様とのコミュニケーションを大切にしており、初めての方でもわかりやすく丁寧にご説明いたします。

さあ、一緒に人生の新しい一歩を踏み出してみませんか?

→お問い合わせはこちら

 

 

ページ上部へ戻る